FX(外為)で年利100%を目指し、何れは経済的自由を確立したいと思っています。 不可能じゃないですよ!努力は必ずや報われます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




全て円での取引ですので、円は省略しました。 S は売り、L は買い取引です。また、その後の数字は、利益or損失(▲)額です。


10日
ユーロ S 1,145円
米ドル L 3,000円    合計 4,145円 

11日
豪ドル S  6,670円
ユーロ L ▲4,000円
豪ドル L ▲7,000円  合計 ▲4,330円

12日
豪ドル L  2,300円    合計 2,300円 

13日
ユーロ L  9,535円    合計 9,535円

14日
米ドル S  8,732円
豪ドル L  5,500円
豪ドル L  4,400円    合計 18,632円

17日
キウイ S  2,000円    合計 2,000円

18日
豪ドル S 15,921円
豪ドル L   1,000円
米ドル S   5,400円
豪ドル L ▲3,000円
豪ドル L   1,700円
米ドル S ▲ 500円   合計 20,521円

19日
豪ドル S ▲10,000円
米ドル L   10,800円
カナダ S        0円
豪ドル S    8,400円
米ドル L    2,000円
豪ドル S  ▲5,000円
豪ドル L    2,500円
米ドル L    4,000円   合計 12,700円


10日間の収支合計 75,513円でした。


当初の原資は約66,000円で、この会社はレバレッジ20倍でした。
かなり慎重な取引を心がけました(そんなことを言っても世間一般の常識では『無茶』だと判断されると思います)。
自己評価としては、結果的には上々だとと思いますが、非常に危うい場面も何度かありました。
また、結果がよかったから書いていると思われるかもしれませんが、実はそのとおりなんです。でも、これを見られた方のお一人でも参考になるところがあったと思っていただければ更に嬉しく思います。


さて、この10日間の取引で心がけたことは、

1 なるべく日跨ぎをせずその日のうちに決済する(トレード25件のうち、日跨ぎは5件)。
2 必ず、ストップを入れる。
3 強気と判断した時は、状況に応じて、ストップを上げる。
4 但し、深追いはしない。
5 ダメだと思ったら、即決済する(18日の豪ドル L   1,000円や米ドル S ▲500円、19日のカナダ S  0円など)。

などです。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx5819.blog68.fc2.com/tb.php/234-03031390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。