FX(外為)で年利100%を目指し、何れは経済的自由を確立したいと思っています。 不可能じゃないですよ!努力は必ずや報われます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日は「実践負けパターン その2」です。

偉そうなことばかり書いていますが、人間、欲にはなかなか勝てないものですね。


今日は、最近の負け事例を一つ報告します。

6月19日の「かおるさん」のメッセージに対する返答で、
『本日、ユーロ円4万買いポジを持ち、いまいち思うような結果が出ずまだ起きています(勿論、上下指値はしているんですがどちらにも刺さらなくってイライラしてこの時間になってしまいました)。
一応、プラス圏なので手仕舞いは出来るんですが、思い切りが付かなくて。。。・・・』と書いているうちの、ユーロ円3万にかかるものです。

06/19 18:31:28 L EURJPY 3万 165.58
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
06/20 16:18:04             165.24   損失10,200円

というのがありました。

結局、欲のかき過ぎで日跨ぎしてしまい、翌日午後4時の一瞬の下げでストップロスに刺さってしまいました。

高レバレッジで取引しているからには、例え儲けが100円200円といった僅かの金額でも、利食い千人力です。

レバレッジが200倍ですので、34銭下にSLの指値を入れました。
理由は、前日の朝一にそれよりも若干安いやすい値でスタートしたものの、その後はずーとそれ以上の値での小動きであったことと、特段のマイナス材料もなかったことなどで、チャートの流れから1日くらい日跨ぎしてもそこまで下押すことがないだろうとの甘い考えからでした。

結果的には、翌日の午後4時10分前後に一瞬だけその値より10銭下まで下がってしまい、すぐに反騰し、自分が仕事から帰宅して参戦しだす午後7時から8時頃には165円台半ばから166円寸前まで戻しており、『もし』なんてことを考えてはいけないんだけど、あと15銭でも下にSLを入れとけば、まず、1万近くの儲けで決済をしていただろうし、上下を考え合わせると2万円もの差が出ることになるんだけど、そんな『もし』は、あくまでも希望的観測に過ぎません

行動としての正解はやはり、高レバレッジで取引しているからには、例え儲けが100円200円といった僅かの金額でも、利食い千人力と考え、デイトレ決済しておくべきだったと言うことです。

本日の「実践負けパターン その2」はこの辺で。。。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx5819.blog68.fc2.com/tb.php/207-33d532b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。