FX(外為)で年利100%を目指し、何れは経済的自由を確立したいと思っています。 不可能じゃないですよ!努力は必ずや報われます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ここ何ヶ月かで、主要通貨のクロス円では、右肩上がりの形が完全に崩れてしまったように見受けられます。
しかし、キャリートレードに代表されるように、日本円との金利差を考えると、まだまだ右肩下がりへの転換にはならず、円高傾向にとどまってはいると思っています。
ただ、一様に市場がファンダメンタルに敏感になってきている部分があるように思います。
最近では、上海市場に端を発した世界同時株安もその一つの現われだと思います。
従って、従前の自分の取引方法では、利益を出すことが困難になってきており、逆に、大きな損失を出すことが多くなってきました。
このような状況では、一般にレバレッジを下げ、頻繁な取引を避けるのが賢明かと思われるんじゃないかと思いますが、自分なりに検討した結果、従前のレバ20倍の口座は、クロス円が急落した場合に用い、日々の取引はデイトレ中心とし、一方でレバを今までの10倍にし、短時間勝負に出ることにしました。


さて、先月末の世界同時株安の引き金となった上海株式市場の急落の要因の一つに中国の利上げ観測があげられている中、中国人民銀行は17日、政策金利を27pb(0.27%)引き上げました。
昨年8月18日以来の7ヶ月ぶりの引き上げです。
同銀行は、2004年10月、2006年4月、同年8月と金利を引き上げる金融引き締めを実施し、今年に入ってからは2回も(短期的、投機的な資金に対する規制策である)預金準備率の引き上げを実施しました(直近では2月25日)が、未だ都市部での土地投資などが収まる気配がないとのことです。

また、米国では、スタグフレーション(インフレと景気後退が同時進行する経済状況)懸念が台頭してきていると言われてもいるようです。

今週の為替相場も、まだまだ荒れそうな気配が濃厚であると思います。

レバレッジ200倍の取引では、やはり当面デイトレ、しかもなるべく短時間に結果を出す手法が有効じゃないかと思います。
少なくとも何の手当ても講じない日跨ぎは絶対だめでしょう。

『木を見て森を見ず』ではいけないのは勿論のことではありますが、森を見ようとしても今の市場ではそれを見ることさえ困難でしょう。

それならばやはり、ほんの少しの流れの変化にも対応できるデイトレ、そして高レバレッジで小さいさやでも掬い取っていく方法が有効じゃないかと思います。

このタイトル3回目にして、今までの手法を捨て去ったわけではないが、敢えてレバレッジ200倍に挑戦した理由などを述べてみました。

今後の展開にご期待ください。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。